香りの特徴について

| 未分類 |

19ILCB05

 

 

ユーカリやティートゥリーと類似する、東南アジア原産のフトモモ科の常緑樹で、マレー語で白い木という意味です。原料は樹皮が白色をしています。高さは15メートルほどまで成長します。生命力がとても強く、周りの植物を駆逐しながら繁殖を広げていくほどです。100キログラムの原料から約1キログラムのエッセンシャルオイルができます。
香りはユーカリやティートゥリーに似ていますが、やや甘酢っぱさがあります。薬品のような匂いが苦手な場合や強い匂いが適さない場合に最適です。甘酢っぱさを含むことから柑橘系のエッセンシャルオイルと非常に相性がよいのです。柑橘系のエッセンシャルオイルとブレンドすると部屋の空気を浄化、消臭しながらよい匂いのルームフレグランスとして活用することができます。作用もマイルドであるため小さい子供がいる家庭でも安心して使用することができます。
またこのエッセンシャルオイルは殺菌作用があり、風邪やインフルエンザが流行している時期にも役立ちます。部屋の空気を清浄し、小さい子供をはじめ病気の予防として効果を発揮します。

 
身体だけではなく心にも作用し、落ち込んだ気持ちを元気にさせるなど活用法はたくさんあります。