» 未分類のブログ記事

mama01_m

 

エッセンシャルオイルに使用される植物の中には、非常に優れた消毒効果をもつものがあります。これらの植物は呼吸器系の疾患に効果があり、風邪や感染症の予防などに効果を発揮します。このような植物の香りは甘さを程よく含み、その効果も非常に穏やかなため、刺激的な香りが得意でない方でも使用出来る活用範囲の広いものです。これらのオイルは昔から薬として用いられてきた経緯があり、防虫効果や殺菌効果があり、多くの家庭で用いられてきたのです。
又、このオイルは呼吸系の不具合を解消するために役立つので、インフルエンザなどの流行する季節には、ぜひとも活用したいものとなっています。このオイルの原産国のアジアの地域では、民間的な治療法として古くからこれらの精油が使われており、この植物の持つ特殊な作用により、様々な疾患が治療されてきました。又、この植物の香りには、緊張を緩和し、リラックスできる効果もあります。その為、この植物の精油は様々な活用法のあるオイルとなるのです。

 
しかしながら、このオイルの使用の際には幾つかの注意点もあり、妊娠中の方や、授乳中の方は使用を避ける事が必要となります。これは妊娠中の女性の方は、この香りが胎児に何らかの影響を及ぼす可能性もある為で、これらの精油の使用には細心の注意が必要になるのです。

主な産地について

| 未分類 |

 

 

現在でこそ機械で採取される精油ですが、昔は人の手で植物の葉や果実を搾ったり釜で茹でたりと大変な苦労がありました。
特定の産地にしか生育しない植物から採られる精油は、貴重な物として他国への貢物や交易品として世界中に広がっていきました。
精油の産地には、ハーブ類が多い南欧地域、スパイス類も豊富なインドやマレーシア等の東南アジア、独特な植物が多いオーストラリアやマダガスカルが挙げられます。その他、古代から薬品や香料の研究が盛んだった中国やエジプトといった所も精油の産地として有名です。
精油には単に香りが良いだけでなく、様々な効能があることが知られています。
ホワイトティーツリーは樹皮が白っぽいことからそう呼ばれ、マレーシアやインドネシア、ベトナム等東南アジアが主産地です。ティーツリーやユーカリと同じく樹木系の爽やかで清潔感のある香りですが、刺激が穏やかです。
インフルエンザや風邪、気管支炎等呼吸器系の病気には、この精油の蒸気を吸入すると効果的です。また、鎮痛や消毒、免疫調整作用もあり、インドや中国でも古くから鎮痛・消毒剤として使われています。
歯茎の痛みには精油の原液をコットンに1、2滴含ませて痛い所に当てるといいでしょう。この際、他の精油と同じく毒性もあるので長期間の連続使用、妊娠授乳中の使用は避けるべきです。
単独でも効果を発揮する精油ですが、他の精油とブレンドすることでも効果があります。

 
風邪やインフルエンザのひき始めには、ティーツリーやラベンダーをブレンドしたものを熱湯に入れて蒸気を吸入すると効果があります。花粉症の緩和にはシダーウッドやベルガモットオイルをブレンドするのが良いでしょう。

 

 

 

ユーカリやティートリーはとても似ている植物で強い抗菌特性のほか、消臭効果を持っています。香りも似ていますが、ユーカリのほうがよりクリアでシャープであり、清潔感がありクールで染みとおるような香りが特徴です。
これらのエッセンシャルオイルは流行が心配なデリケートな季節に便利に使えるエッセンシャルオイルで、アロマランプなどを用いることで空気を浄化してくれる効果があります。花粉の多い時期にもクールで爽やかな香りを楽しめます。またティートリーであれば、少量を局部的に直接肌へ使うことが可能です。
心理面に対しては、意識をはっきりさせ、集中力を高める効果があります。精神的に辛く、少し無理をしなければならない場面などでも支えになってくれる香りです。また、感情が高ぶってしまったときに気持ちを静め、冷静さを取りもどす手助けを行ってくれる効果もあります。

 
またハウスキーピングの面でも効果を発揮します。オイルを溶かしたスプレーを部屋に使うことで嫌な臭いを取り除き、空気を浄化することができます。雑巾がけの際には水に少しオイルを混ぜて使うと部屋を清潔に保つことができ、ダニの発生を防ぐこともできます。化学薬品を使わずとも部屋を綺麗に保つことができます。”

 

mama01_m

 

マレー語の「白い木」が由来になっており、別名はホワイトティーツリーといいます。
ユーカリやティーツリーと同様にフトモモ科の植物です。
香りは刺激が少なく、ユーカリやティーツリーよりも甘酸っぱく優しい香りで作用も穏やかです。
そのため強い香りが苦手な人や子供にもおすすめできます。
ユーカリの香りが苦手な人に、代わりに用いられる事も多いようです。
優れた殺菌効果があり、東洋では昔から万能薬として重宝されてきました。
呼吸器系の感染症や感染防止に効果があります。
風邪やインフルエンザ予防にもぴったりです。
緊張を解し、リフレッシュさせてくれるなどの心への作用も期待できます。
荒立った感情を沈静させてくれるのに役に立ちます。
妊娠中、授乳中の人は使用を避けるようにしましょう。

 
また、高濃度で使用すると皮膚への刺激になるので注意して下さい。
ブレンドするのに相性のよい精油はハーブ系、スパイス系、柑橘系です。
特に柑橘系のレモン、ベルガモットと合わせると心地の良い香りが楽しめます。
部屋の空気をきれいにしてくれるので、ルームフレグランスにもおすすめします。
その他にもサイプレス、ローズマリー、ラベンダー、ジュニパーベリーと相性が良いです。

 

肌への効能について

| 未分類 |

 

 

フトモモ科の樹木から抽出されるこのアロマオイルは、殺菌作用と消毒作用に優れており呼吸器系の疾患に、またはその予防によく使用されています。
同じ効能を持つアロマオイルは他にも多く、ユーカリやティーツリーなどがありますが、これほど刺激の強い香りではなく甘い爽快な香りであることから強い香りが苦手な方や子供にも使用しやすいとも言えます。
風邪や感染症が流行る季節には重宝するアロマオイルです。お湯に1滴たらしうがいをすると喉の痛みや炎症によく効きます。
殺虫作用もあり虫除けにも効果がありますし、女性ホルモンを整え更年期障害症状の緩和、月経周期の正常化などの効果もあります。
呼吸器系の疾患などの予防としての効能が広く知られていますが、肌にも使用できます。
虫刺されややけど、切り傷などに消毒作用が良く効き治りを早めます。
それ以外に美容方法としても効果があります。
皮脂のバランスを整え、ニキビの改善にも効きますのでオイルやクリームに少量混ぜて使用します。
炎症を起こしてしまっているニキビには直接塗ることで治りを早くします。
爽快な香りは精神的にもリフレッシュできますし、健康のためにも、美容のためにも持っておくと重宝するアロマオイルです。

mama01_m

 

 

マレー語で「白い木」と呼ばれるこの植物は、昔から高い消毒効果があることで珍重されてきました。
そのため、アロマで使用する時も、抗ウイルス作用を期待されて使用されます。
特に冬場などの空気が乾燥して、インフルエンザや風邪などが蔓延する時期には呼吸器系の不調を予防するために使用されることが多いです。
毒性や感化作用が強いため、高い濃度で使用すると身体に影響を及ぼします。
皮膚などへ刺激が起こる場合があるので、使用する際には正しい濃度を守ることが大切です。
アロマポットなどにお湯を張って数滴垂らすと、甘くてフルーティなハーブ調の香りが部屋中に広がります。
最近ではアロマライトなどを使用する人も多いですが、どちらも効能的には同じです。

 
同じく抗ウイルス作用が期待できるラベンダーやなどと一緒に使用するのも、香りが豊かになってオススメです。
日本ではあまりなじみが無い精油ですが、欧米では大変メジャーな精油です。
手作りスプレーを作って部屋の除菌に使用したり、ガーゼマスクの間に精油をしみこませたガーゼを挟んで過ごすと、抗ウイルス作用のおかげでインフルエンザなどもかかりにくくする働きがあります。
子供から大人まで、ぜひ利用したい精油の一つです。

心への効能について

| 未分類 |

mama01_m

 

同じフトモモ科のティーツリーに似た、クールで清潔感のある香りが特徴です。その香りはユーカリを甘いハーブ調のようにした香りで、刺激の強いのが苦手な方や子供には、ユーカリの代わりとして使用されていました。
ヨーロッパでは17世紀頃から使用されて、そのオイルはリウマチとコレラの伝統的な治療薬でした。
刺激作用などにより、緊張をほぐして意識をはっきりさせます。リフレッシュ作用から、情熱や熱くなった心をクールダウンする効果があります。また、性欲を抑える効果もあります。
呼吸器系の疾患の感染防止や、その発汗作用や冷却作用から、風邪の熱を最小限に抑えてくれます。そこで、バスタブに数滴垂らしてアロマバスとして使用すれば、その香りでリフレッシュしながら風邪予防もでき一石二鳥です。その上、入浴という方法は鼻から口から、そして皮膚からと成分を効率的に体に取り入れることができるので、その効果がより期待できます。
それに、消化器系の疝痛にも効果があります。胃痙攣、神経性の嘔吐、下痢、小腸炎などの痛みの緩和に役立ちます。
また、鎮痛作用もあるので、関節痛、歯痛、筋肉痛などにも効果があります。ノミやシラミで傷ついたペットのかゆみ止めとしても利用できます。

香りの特徴について

| 未分類 |

19ILCB05

 

 

ユーカリやティートゥリーと類似する、東南アジア原産のフトモモ科の常緑樹で、マレー語で白い木という意味です。原料は樹皮が白色をしています。高さは15メートルほどまで成長します。生命力がとても強く、周りの植物を駆逐しながら繁殖を広げていくほどです。100キログラムの原料から約1キログラムのエッセンシャルオイルができます。
香りはユーカリやティートゥリーに似ていますが、やや甘酢っぱさがあります。薬品のような匂いが苦手な場合や強い匂いが適さない場合に最適です。甘酢っぱさを含むことから柑橘系のエッセンシャルオイルと非常に相性がよいのです。柑橘系のエッセンシャルオイルとブレンドすると部屋の空気を浄化、消臭しながらよい匂いのルームフレグランスとして活用することができます。作用もマイルドであるため小さい子供がいる家庭でも安心して使用することができます。
またこのエッセンシャルオイルは殺菌作用があり、風邪やインフルエンザが流行している時期にも役立ちます。部屋の空気を清浄し、小さい子供をはじめ病気の予防として効果を発揮します。

 
身体だけではなく心にも作用し、落ち込んだ気持ちを元気にさせるなど活用法はたくさんあります。